初めてでも簡単に理解できる!歯列矯正に関する豆知識や基本的情報をご紹介します!

歯列矯正は永久歯が生えそろう時期から始めることができる、いわゆる歯並びをきれいにする治療法です。
審美歯科と医療歯科とに分かれていて、ものを食べるなどの行為で生涯がある場合は医療目的の矯正もあってこちらは保険対象になり得ると言うことは覚えておくと良いでしょう。
審美歯科の場合は見た目を美しくするという医療目的外なので、費用がそのまま発生しますが一度矯正すればほぼ一生涯きれいな歯並びの状態を保てるという魅力があります。

初めてでも簡単に理解できる!歯列矯正に関する豆知識や基本的情報をご紹介します!

歯列矯正を行うためには、まずは歯科医に相談する必要がありますが豆知識としてはその手段が最近では非常に多岐にわたっているという点です。
具体的には一般的なブリッジと呼ばれる金具を装着する方法を、歯の表では無く裏に取り付けることで矯正を目立たなくすることが可能です。
ほかにもマウスピースを使った取り外しのでにる歯列矯正もあるので、自分のライフスタイルにあわせて選択できます。
大切なのは自分にあった方法を、精密検査で特定することなのです。

健康保険適応外!歯列矯正治療は自費の自由診療になり高い費用が掛かる

歯列矯正治療というものをご存知でしょうか。
これは歯科で受けられる治療ですが、一般的な疾病を治すものではありません。
一種の審美領域となっており、歯並びを正すことで見た目を良くすることに重きを置かれるものです。
そのため健康保険の適応外となっており、歯列矯正は基本的に自由診療で全額自己負担となるものです。
その費用に相場は約100万円と高い費用になりますが、多くの歯科ではデンタルローンを用意されているのがポイントになります。
このデンタルローンについて簡単に解説をすると、銀行が医療施設と提携をおこなって実現をしているものです。
一般的なローンとは異なっていて固定金利で支払いをおこなうのが特徴です。
自由診療なので施設によってお値段が異なりますが、金利が一律なので価格が変動することはありません。
歯列矯正は見栄えを良くするのはもちろんのこと、食べ物を正しく嚙めるようになることで、偏頭痛などを解消することも可能です。

歯列矯正治療の費用は医療ローンやカードの分割払いで賢く支払おう!

歯列矯正をすれば歯並びもきれいになりますし、噛み合わせの悪さも改善されます。
しかも顔立ちがきれいに整うなどの効果も期待できます。
歯列矯正には多くのメリットがありますが、ほとんどの症例では保険適用はされません。
それゆえ、自費で支払うということは理解しておきたいところです。
費用についても、症例や選ぶ治療方法によって変わってきますので、まずはカウンセリングなどを利用して総額を調べておきたいところです。
治療費は一括で支払うこともできますが、それが難しいという人もいるのではないでしょうか。
一括での支払いが難しい人は、クレジットカードの分割払いを利用することもできます。
支払い回数も自由に選ぶことができますし、利用金額に応じてポイントが付くというメリットもあります。
カード払いの場合は、支払い回数が増えると金利の負担も増えてくるので注意が必要です。
より金利の負担を抑えるなら医療ローンを組むことも考えてみてはいかがでしょうか。
審査にクリアする必要はありますが、カード払いよりも金利の負担は少ないというメリットがあります。

上顎前突症など病名がつけば歯列矯正も一部保険適応される

大人の歯列矯正は基本的に自由診療となっています。
全額医療費を自己負担しなければならないため、経済的な負担が大きいと感じている人も少なくありません。
ただし実際に治療している人の中には、何らかの病状によって医療費を一部保険適用されている人もいます。
なぜ保険適用されているのか、その理由に歯並びの状態が健康を著しく害していることがあげられているからです。
例えば上顎前突症という病気はいわゆる出っ歯と呼ばれている状態で、骨や歯の状態が下あごより上顎のほうが出すぎてしまっている症状となっています。
その治療のために矯正を行う場合、医療費の負担が少なくなることが多いです。
医療機関の中でも親切な医師の場合は適用となることをアドバイスしてくれますが、適用となることを伝えない医師もいるため、カウンセリング時に医師へ適用となるのか確認すると、問題解決ができるでしょう。
病名を正確に理解し、歯列矯正が適切な治療法であることを医師が判断するかによって、医療費の減額が決まります。

アメリカなど海外では歯列矯正は健康保険適応で費用が安い実態

アメリカなど海外では歯列矯正は健康保険適応で費用が安いです。
これには医療制度も違いもあるのですが、文化や考え方の違い、口腔ケアに対する意識の高さも関係しています。
アメリカでは歯の美しさは重要視されていて、日本よりも意識は高いです。
有名人やタレント、政治家などを見ても皆さん美しい歯をしています。
ホワイトニングも人気ですが、歯列矯正も同じくらい高い人気を誇ります。
そのため健康保険をしっかり適応させています。
このおかげで諸外国よりも安く歯列矯正ができます。
費用が安いことで歯列矯正を積極的に行う人が増えますし、子供にも行う親が増えます。
日本でもこのようなシステムを確立できればもっとお得な金額で施術を受けることができますし、歯並びで悩む人の数も減少します。
コンプレックスを解消できれば自然と笑顔が増えますし、コミュニケーションもより円滑になります。
全てに良い影響を与えるのでこのシステムは真似するべきです。

歯列矯正で最も効果のあるおすすめの治療方法は?

歯並びが人と比べて非常に悪いと自覚している場合、思い切って歯列矯正の治療を受けた方が良いかもしれません。
面倒だからと言ってずっと放置しておくと、嚙み合わせなどが日に日に悪くなっていって健康にも害を及ぼす可能性があるのでとても深刻です。
最もおすすめしたい歯列矯正はマウスピースを使った簡単な治療方法になりますが、一番の魅力は何と言っても高い効果が期待できる点でしょう。
優秀な歯医者に診てもらえば必ず自分にぴったりと合ったマウスピースを作ってくれますし、値段もそこまで高くないので家計にも優しいところが魅力になります。
そして、幼少期から治療を開始できる点も良さの一つと言えます。
ただ装着して日常を過ごしているだけで徐々に歯並びを改善していってくれるので、体に負担の少ない治療としてかなりの人気があるのも納得です。
一度矯正すれば一生効果が持続することになるので、今の状態に少しでも不満を感じているのであればぜひ行ってみてください。

歯列矯正はストレスの少ない方法がおすすめ

歯並びの悪さを改善するには、歯科医院による歯列矯正がおすすめです。
歯並びがきれいになるだけではなく、噛み合わせも良くなりますし、歯みがきや食事がしやすくなるなど様々なメリットがあります。
歯列矯正は、短期間で終わる症例もありますが全体を動かすとなると2年程度の期間が必要ですし、その後も保定を続けていくことになります。
治療は長期に及ぶことになるので、無理なく続けられる方法を選びましょう。
痛みや違和感が少ない治療であることはもちろん、装置が目立たないということも大切です。
表側にワイヤーやブラケットを取り付ける場合はかなり目立つことになりますが、白や透明の装置にすれば目立たなくなります。
装置が見えるのは嫌だという場合は、裏側に装置をつける方法もえらべます。
さらに、最近では透明のマウスピースを利用して歯を動かす治療を選ぶ人も増えてきました。
どの治療もメリットだけではなく、デメリットや注意点もありますので、じっくりと比較してストレスができるだけ少なく続けられる方法を選んでいきましょう。

透明マウスピースで食事中に外せる歯列矯正

一般的な歯列矯正はワイヤーとブラケットを用いるため、笑った時などに矯正器具が目立ってしまいます。
歯並びは整えたいけれど、目立つのが気になるため諦めている方もいるかもしれません。
最近では白いブラケットなど目立たないように配慮されていたり、透明のマウスピース型矯正装置、インビザラインなども選ばれています。
インビザラインは装着して少しずつ歯を動かしていきます。
取り外せるため、人と会話する時や食事中も普段通り行えます。
通常のワイヤーとブラケットは装着したまま歯磨きを行いますが、歯磨きの際も取り外せるため虫歯リスクの軽減も期待できます。
装着時も透明なので目立ちにくいなどのメリットがあります。
ただし歯の状況によっては対応できなかったり、取り外しによる紛失の恐れがあります。
できるだけ周囲に気付かれずにストレスを感じることなく歯列矯正を行いたいのなら、歯科医に相談のうえインビザラインを検討してみると良いでしょう。

歯科治療のクリニックで人気の歯並びを整える歯列矯正

歯並びは、コンプレックスになりがちです。
ガタガタで不揃いだと他人の目線が気になり、人まで口を開けるのを躊躇うため笑顔になるのも嫌になります。
笑顔の少ない人は他人からの印象も悪くなりますし、歯並びも不揃いだと第一印象も悪くなるでしょう。
そのため近年の歯科治療では、歯列矯正が大人気です。
子どもの頃から歯列矯正の治療を受けていると、コンプレックスになる前に解消できて人生に悪影響を与えません。
歯列矯正をするならベストは成長期の子供の頃とされていますが、自分の大人になってもできるので歯並びが気になるなら、歯科クリニックに相談すると良いでしょう。
現在の歯列矯正はさまざまな治療法が確立されており、以前のように目立つ装置を歯の表側に取り付ける必要はなくなりません。
透明のマウスピースを使用したり目立たない裏側に装置をつける治療方法も確立されているので、矯正の歯科治療を受けているときに気になるポイントも解消できます。

歯列矯正の治療をしながら白い歯を手に入れる方法

歯並びや噛み合わせをするための歯列矯正をしている時に、白い歯にするための治療も同時に行いたいと考えている場合には、適切な治療方法を選ばなくてはいけません。
ワイヤーを歯の表面に付ける歯列矯正治療では白い歯にするためのホワイトニングはできないので、歯の裏側に矯正装置を付ける方法かマウスピース矯正を選ぶのが妥当です。
特にマウスピース矯正では、矯正治療のために使うマウスピースをホワイトニングの薬剤を入れるトレーとして使用することができるため、歯を白くするための治療を歯科医師が行うのではなく、自宅で気軽に行うこともできます。
また、歯を白くする効果を早く確実に実感したいのであれば、歯科医と自宅で行う2つの治療方法を同時に行うことも可能です。
いずれにしても、歯列矯正をしながら歯を白くしたいという気持ちが強い場合には、治療をスタートする前にきちんと歯科医師に希望を伝えた上で、治療が可能かどうかを相談をしておくことが必要でしょう。

著者:塚越正士

宮城県仙台市出身。大学歯学部卒業後、数か所の歯科医院で医師としての経験を積む。自身の経験をもとに歯科治療に関するコラムを書いています。

マウスピース矯正の詳細